【統計】日本人が訪れるのが最も多い国・地域は?(2013~2017年)

前回は毎年どれくらいの日本人がヨーロッパを訪れているのか調べてみましたが、今回は、日本人が訪れるのが最も多い国・地域について調べてみました。

ヨーロッパについてはこちらをどうぞ

どれくらいの日本人がヨーロッパを訪れているのか調べてみた(2013~2017年)
今後のブログ記事作成の参考のために毎年どれくらいの日本人がヨーロッパを訪れているのか調べてみました。 訪問者数第一位はドイツの約58万人で、約382万人がヨーロッパを訪問(2017年) JNTO(日本政府観光局)の統計「出国日本人数の動...

日本人が最も訪れている国は「アメリカ」で、約357万人(2016年)

JNTO(日本政府観光局)の統計「出国日本人数の動向」によると、2016年(※1)には約357万人の日本人がアメリカを訪問しており、そのうち約158万人ハワイを訪問しています。(※2)
※1:国によってはデータの掲載がないため、便宜的に前年のデータを使用。
※2:同表では国境到着者数、ホテル到着者数などの統計が混在しており、集計基準が異なるため、同一指標としての比較はできず、あくまでも参考の数値。

出国日本人数の動向(JNTO)

各国・地域別 日本人訪問者数(日本から各国・地域への到着者数)(2013年~2017年)(JNTO)

日本人が最も訪れている地域は「アジア」で、約1,348万人(2017年)

 

 

 

 

 

JNTOの資料をもとにカピバラが作成したもの。(※3、※4、※5)
※3:国によってはデータの掲載がないため、便宜的に前年のデータを使用。
※4:同表では国境到着者数、ホテル到着者数などの統計が混在しており、集計基準が異なるため、同一指標としての比較はできず、あくまでも参考の数値。
※5:一般的には「中東」地域とされることの多い国々(サウジアラビア、イスラエル等)もアジアに分類されています。

1位は、アジア
アジアに分類される国の数が北米、オセアニア、南米、アフリカと比較して多いということもありますが、やはり日本から距離の近いアジア地域を訪れる人が多いようです。
個人的には、北米を訪れる人がヨーロッパ訪問者数より多いのは意外でした。

アジアを訪問する日本人の数は横ばい傾向

2013年:13,326,065人
2014年:12,826,003人
2015年:12,131,671人
2016年:13,086,640人
2017年:13,482,991人

この5年間では、一時減少したものの再び増加し、アジアを訪問する日本人の数は横ばい傾向のようです。

アジア地域では中国、韓国、台湾の訪問者数が全体の半数を占める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジア地域では、特に中国韓国台湾タイを訪れる人が多いようです。
上位10カ国だけでも日本からの訪問者数は約1,234万人にのぼります。

こちらは上記の表を円グラフにして各国のシェアを表したもの。
上位3カ国で全体の半数
を占めています。

 

結論:日本人の訪れるのが最も多い国はアメリカ約357万(海外を訪れる日本人のうち約15パーセント)で、日本人の訪れるのが最も多い地域はアジア約1,348万人(海外を訪れる日本人のうち約58パーセント)となるようです。

統計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント