古城ホテルのすぐ近く!おすすめレストラン3選(ザンクト・ゴアール)

ドイツ

2019年7月、古城ホテルに宿泊するためドイツ・ラインラント=プファルツ州のザンクト・ゴアールを訪れました。

この記事ではザンクト・ゴアール実際に訪れたおすすめのレストランをご紹介します

こちらの記事もおすすめです。

ライン川沿いの4つ星古城ホテル「Schloss Rheinfels」に泊まってみた
2019年7月にドイツ・ラインラント=プファルツ州ザンクト・ゴアールにある4つ星古城ホテル「Romantik Hotel Schloss Rheinfels」に宿泊してきました。 この記事では「Romantik Hotel Schlo...

繁華街の脇道にある人気イタリアン・レストラン Pizzeria Alla Fontana

町の中心ヘーア通り(Heerstrasse)から少し横道に入ると可愛らい外観とテラス席が印象的なイタリアンレストラン「Alla Fontana」があります。

午後7時頃に事前予約なしで入りましたが、店内・テラスはほぼ満席でギリギリ座ることができました。
この後も別なお客さんが入ってきて満席になってしまったので、もしこの時間帯に利用される場合は事前に電話予約をしておくと安心
ちなみに、お店はイタリア系らしきご家族が切り盛りされていて、英語でも大丈夫です。

パスタはなんと6ユーロ代から。
ピザもお手頃な値段です。
ワインイタリア産の白と赤を置いています。

全体的にお値段はお手頃で、何より接客が親切なので気持ちよく食事をすることができました。
もしお店選びで迷われたら、まずこのお店がおすすめです!

解放感抜群のガーデン・テーブルでライン川を眺めながら Rebstock

町の中心ヘーア通り(Heerstrasse)からライン川沿いに少し北側に広い庭が特徴のドイツ料理レストラン「Rebstock」があります。

月曜日は休みのレストランが多いので、月曜日のレストラン選びはこちらがおすすめです!

こちらも午後7時頃に予約なしで入りましたが、ガーデン・テーブルは比較的空いていて、ライン川の眺めのよい席に座ることができました。

こちらのレストランも英語で対応してもらえるので安心です。

この地域の特産品は何といってもワイン
ということで、グラスワインを注文。
最高気温が30度後半を記録するあつ~い日だったこともあり、適度に冷えたワインは美味でした!

落ち葉デザインのコースターもおしゃれ。

ドイツ料理レストランに入ったにもかかわらず(?)さっぱりしたものが食べたかったので「サマー・サラダ」を注文。

お肉が入って小さなトーストまで付いて、ボリューム満点!
これにソーセージとフライドポテトも注文しましたが、ちょっと量が多かった。。

食後はライン川沿いをのんびり散歩するのもおすすめです。
夕日に輝くネコ城(写真中央)はまた格別でした。。

Bistro-Café „Goar“

町の中心ヘーア通り(Heerstrasse)マルクト広場(Marktplatz)に近く、ライン川を眺めながら食事のできる立地がおすすめです。

道路を挟みますが、このような感じの景色を見ながらの食事は最高です!
ランチには日替りメニューがあり、この日は8ユーロ代で「きのこ入りオムレツ」でした。

ヘーア通り(Heerstrasse)周辺にはレストランがたくさんありますが、立地、景色、値段を考えるとこちらがバランスがよくおすすめです。

番外編:観光名所「ローレライ」の目の前 Loreley

番外編は、古城ホテルからは離れてしまいますが「ローレライ伝説」で有名な観光名所「ローレライ」を眺めながら食事ができるレストランのご紹介です。

ローレライって何?」というかたはこちらをどうぞ。
妻がドイツ民謡「ローレライ」を知らなくてちょっとびびりました。。
おそらくある年代以下では義務教育で習っていないようです。

ローレライ(右)とネコ城(中央)とライン川。
古城ホテルからは徒歩約1時間くらい
川沿いをゆっくり散歩するのがおすすめです。

レストランの前の景色。
サイクリングしている人もたくさんいました。

さて肝心のレストランのほうですが、2階建てで、1階・2階ともにテラス席があり眺めは抜群です!
ただ、やはり観光名所だけあってお昼時にはバスでの団体旅行客が予約していることもあり、予約なしでは座れない可能性もあります。
開店後を狙うか、電話予約されておくことをおすすめします。

店員さんは英語も話せて丁寧な接客でした。

まとめ

古城ホテルローレライなどがあり昔ながらの観光名所ということもあって、田舎でありながらも観光客の数は多めですが、レストランはどこも比較的価格がお手頃な印象です。

また、どこも英語が通じるので安心です。

のんびりと美味しいごはんとワインをお楽しみください。

ドイツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント