【ドイツ】定番お土産品ハンカチが見つからない。。

海外生活

ちょっとしたプレゼントといえば…

海外旅行に行ったときのお土産やクリスマス会、送別会などで相手に気負わせず、ちょっとした気持ちを表したいときに重宝するのが、ハンカチ。

日本では、デパートはもちろん、スーパーでも気軽に様々なデザインのものを購入することができます。

ただ、ドイツではその常識はちょっと違うのでご注意を。

ドイツでハンカチは、滅多に見つからない

ドイツ全土に広がるデパートチェーン『Galeria Kauhof』(ガレリアカウホフ)やアパレルブランドを数多く取り扱うチェーン『Peek & Cloppenburg』(ピークアンドクロッペンブルク)でも、ハンドタオルやハンカチは見つけることができません。。

もちろん、それらのお店では、バスタオルやフェイスタオルは取り扱っています。

ですが、スーツのポケットやバッグに入れて使うような小型のものは無いのです。

トイレでは、ハンカチ不要

じゃあ、トイレに行った後、手は何で拭くの?
そんな疑問が自然と湧くと思います。

ちなみにドイツのレストランや店舗内、電車内などあらゆる場所にあるトイレには、必ずこういったペーパーもしくはエアタオル(空気で乾かすタイプ)が完備されています。

ドイツ人友達に、日本でよく販売されているようなハンカチがどこで買えるのかを聞いたところ、

『それは、赤ちゃんや高齢者が使うイメージ。売っているのは見たことない』との回答が…!

どうも、ドイツではティッシュペーパーが日本の数倍以上厚手なので、何かを拭くときにはティッシュペーパーで代用するのだとか。

そして、日本よりも乾燥している地域なので、夏でも滅多に汗をかかないため、わざわざハンドタオルを持ち歩くこともしないそうな。

日本よりも、格段に環境保護への意識の高いドイツで、ハンカチは使わず、使い捨てのペーパーや電気を使うエアタオルが常備されているのは驚きでした。。

フェイラー(Feiler)も直営店は1店舗のみ

もちろん、まったく日本のようなハンカチが手に入らないわけではありません。

日本のデパートでも幅広く取り扱われているドイツブランド『フェイラー』では、購入することでできます。

フェイラー製品を購入したい時には、直営店がおすすめです。

ただ、直営店はフランクフルトに一店舗のみ。
フランクフルト中央駅近くにあるので、お時間のある方はぜひ。

 

デュッセルドルフ内では、『EC Trendy』という日本人経営のいわゆる駐妻ご用達のお店で取り扱っていますが、2019年11月末で閉店してしまうのです。。

ドイツでオンライン販売も

ドイツ在住の方で、フェイラー商品を購入したい方には、オンライン販売があります。

送料はかかりますが、100ユーロ以上は送料無料になります。

ちなみに、日本でいうハンドタオルサイズが欲しい場合には、『Tücherserie』で検索してみるとでてきます。

日本で通販するなら、こちら

フェイラー公式通販だと、会員登録すると500ポイントが付与されます。

新商品が欲しい場合には、公式販売がおすすめです。

楽天やAmazonなら、公式通販よりも安価で購入することができます。

お手頃価格で購入できて、デザインもかわいいのはこの『童話シリーズ』。
定番品も年齢を問わずにプレゼントできるので重宝します。

こうやって見ていても、どうも本場ドイツよりも日本での方が購入しやすい印象です。

海外生活 発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カピニオン

コメント