【ドイツ】掃除大国の汚れ落とし石鹸Gallseife(ガルザイフェ)! 一時帰国のお土産にも:D

海外生活

Gallseife(ガルザイフェ)、使ったことがありますか?

・Gall…胆汁
・Seife…石鹸
その名のとおり、牛の胆汁から作られている石鹸です。
カラダを洗う石鹸ではなく、洗濯用の。
日本では最近ようやく取り扱いが始まったばかりのようですが、ドイツでは汚れ落としの定番品。

おなじみウタマロ石鹼のドイツ版かな…

水性に油性、どんな汚れでも対応してくれる優等生!

ワイシャツの首まわりが黄色くなってしまった時や、生理の時の経血汚れ。
食事の時に飛び散ってしまったケチャップなどのソースなど、用途は万能

そして、ワイシャツなど白い衣類はもちろん、カラー衣類にも使えます。
硬水のドイツでは、白物と色物で洗濯物を分けて洗うことが一般的で、それぞれのカラー専用洗剤まであるぐらいなのに。
ガルザイフェ石鹸はどちらも使えちゃう、溢れるお得感:)

 

 

 

 

手軽な場所でパっと買える!

しかも、デュッセルドルフ市内のdm(デーエム)ROSSMAN(ロスマン)で購入できます。
ちっちゃくてあまり目立っていないけれど、洗濯用洗剤コーナーにひっそりとたたずんでいます。
店舗の多いチェーン店での取り扱いがあると、いつでもどこでも購入できるっていう気軽さと安心感がありますね。
※ただし、お店は日曜日と祝日はお休みなのでご注意を※

dm(デーエム)

dmでは、プライベートブランド(denk mit(デンクミット)…直訳:一緒に考えよう)品でガルザイフェ石鹸があるので、家庭用のお試しとして手軽に購入できる値段(0.55€)です。
オンラインサイトのレビューをみると、赤ちゃんや子ども用の服の汚れにも使えるみたい。

 

 

 

 

 

 

(画像は、公式HPからお借りしています)

ROSSMAN(ロスマン)

ROSSMANでは、プライベートブランド品はありません。
が、日本でも知名度のあるドイツブランドFrosch(フロッシュ)の石鹸が購入できます
dmのよりはちょっと高くなりますが、それでも1.25€と安価。

 

 

 

 

(画像は、公式HPからお借りしています)

かさばらないし崩れない、お土産にオススメ!

日本では取り扱いが始まったばかりで、知る人ぞ知る、という感じ。

安価で、お菓子と違ってスーツケースに入れてもかさばらないし、壊れる心配もないので、一時帰国や旅行の時のおみやげにもピッタリだと思います。

食品のように賞味期限も無いのがありがたいです。

 

買いすぎちゃっても保存しておけますよ。

コメント