【ドイツ】デュッセルドルフでいつでも鮮魚が買えるスーパー!

海外生活

いつでもお刺身、しかも家庭で!

日本食レストランに行けば、お金さえ払えばお刺身を食べられます。
そう、お金さえ払えば…!(このお金が高いのなんのって泣)

ただ、家庭で、リーズナブルに、そして食べたいときにいつでも、
そんな3拍子が日本とは違ってなかなか叶わないのが、海外在住者の悩ましいところです。

スーパーに行っても、お肉は安価でたくさんあるのに、魚は冷凍や缶詰ばかり。
しかも、サケ(Lachs)やツナ(Thunfisch)、イワシ(Sardine)ぐらい。

たまには、マグロの刺身も食べてみたいし、しょう油漬けのイカ飯も恋しい。
そんな時に、鮮度のよい生魚が手に入るお店があります。

その名も、Zurheide(ツアハイデ)!

ドイツ国内で有名なスーパーマーケットEDEKA(エデカ)系列の、ちょっと高級なスーパーです。

高級食材からプライベートブランドもあるので、品揃えも多く、その値段の幅は広いです。
別名「高級エデカ」と呼ばれていますが、安価なセブンアンドアイシリーズの取り扱いがある成城石井のような感じ。

Zurheide(ツアハイデ)は、デュッセルドル市内にも複数店舗あります。

今回ご紹介するのは、デュッセルドルフ中央駅(Hbf)近くにあり、Crown(クラウン)というビル内にある店舗(Zurheide Center Düsseldorf im Crown)です。

営業時間:月曜日~土曜日(日曜日&祝日は、お休み)8時~22時

おそらく、デュッセルドルフ市内のスーパーマーケットの中でも、野菜や果物の鮮度がとてもいいと思います。

しかも、このスーパーは、2フロアに広がっていてIKEA並みの広さ。
パン屋さんやケーキ屋さんはもちろん、イートインのある熟成肉店や寿司、生パスタ店もあります。

そして、ドイツおなじみのBIO食品も、ビールやペットフードに至るまで幅広く揃っています。
ペットにまでBIOとは…

そんな歩くだけでウキウキするスーパーの地下には、デュッセルドルフには珍しい鮮魚店があります。

日本語で注文できるんです!

築地で修業をしたという日本語ペラペラな現地スタッフがいて、日本人と分かると日本語で元気に話しかけてきてくれます。


もちろん、日本語での注文もばっちり。おすすめ品まで試食させてくれます。

買った魚も、ちゃんと保冷バッグに入れてくれるので安心です。

ちなみに、わたしが購入したときには、マグロは2人分(300gほど)刺身で€15ほどでした。

お肉に比べるととても高価ですが、レストランに行くよりは安いし、たまに食べたいときにオススメです。

Zurheide(ツアハイデ)への行き方

地下を走るU-barn(ウーバーン)利用なら、

“Steinstraße”(シュタインシュトラッセ)駅から徒歩5分。

地上を走っているStraßenbahn(シュトラッセンバーン)利用なら、

“Berliner Allee”(ベルリナーアレー)駅下車、目の前です。

例えば…

  • デュッセルドルフ中央駅(Düsseldorf Hbf)からは、
    地上を走っているStraßenbahn 708,709に乗って、2駅目の“Berliner Allee”(ベルリナーアレー)駅が便利です。

 

  • オーバーカッセル周辺からは、
    U74,U75,U76,U77(Düsseldorf Hbf方面)に乗ってSteinstraße駅下車、徒歩5分

まとめ

デュッセルドルフに来たばかりのころは、ドイツ料理が目新しくてわくわくしますよね。

でも、1週間もたてば、日本食、とくに魚が恋しくなるのが辛いところ…
そんな時に、ぜひ行ってみてください♪

スーパー周辺は治安も安心なので、最初の街探検にもおすすめです。

海外生活 発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カピニオン

コメント