ベンラート・ビール祭りに行ってみた(他ビール祭り日程も)

ドイツ

2019年7月19日~21日にデュッセルドルフの郊外ベンラート(Benrath)で開催されたビール祭り「Benrather Bierbörseを訪れました。

なんでもこのタイプのイベントとしてはケルン近郊のLeverkusen市で開催される「Oplandener Bierbörse」に次いでドイツで2番目に古いイベントのようです。

会場の様子と感想をご紹介します!

イベント概要

場所:デュッセルドルフ市ベンラート地区 HeubesstraßeおよびHauptstraße
時間:11:00~23:00(最終日のみ11:00~20:00)
入場無料
場所については赤枠のような感じです。
最寄駅はS-Bahnの「Düsseldorf-Benrath」駅か路面電車(Straßenbahn)の「Benrath」駅です。

ドイツ国内外のビールたち

最寄駅のDüsseldorf-Benrath駅を出るとすぐにビールのテントたちが目につきます。
写真はクロアチアのビールテント。
もちろん地元デュッセルドルフのアルトビールのテントもあります。
近くにはミュンヘンのビールテントもありました。

テントでビールを注文して近くの空いているスタンドやテーブルで自由に飲むというシステムです。

ファンド
ビールの代金のほかにビアグラスの大きさによって1~2.5ユーロビアグラスのデポジット代として前払いする。ビールを飲み終わってビールを購入したテントにビアグラスを持っていくとファンドを現金で返してくれる仕組み。
例)ビール3.5ユーロ+ファンド2.5ユーロ=6ユーロを注文時に支払い
トイレ
トレーラー式のものがDüsseldorf-Benrath駅近くにあり50セントで利用可能
その他にイベント用の簡易トイレや通りの公衆トイレも利用可能

Heubesstraßeの様子
ドイツ式に立ち飲みスタンドも多い

修道院で作られる世界最古のビール「Weltenburger Kloster

写真は小サイズで3.5ユーロ(ファンド別)
さっぱり爽やかな味わいで飲みやすい!

定番「Curry Wurst」ももちろんあります。

こちらはHauptstraßeの様子
Fußgängerzone」つまり歩行者ゾーンです。

こちらはさらに混み合ってます!

なんと「ハチミツビール」なるものも。
ベルギー、スペイン、ポルトガル、ポーランド、イギリス、シンガポール、ブラジルなどなど、ドイツ国外のビールもたくさん販売されていて、しかも生ビールが楽しめちゃいます!

おつまみは「Curry Wurst」のほかにもグリルされた特大のソーセージフラムクーヘンポテトチップスライべクーヘンなどなど、しっかりと定番がそろっています。

とにかくたくさんのビールテントが通りにあり途中でお腹いっぱいになって残念ながら全てを試してみることはできませんでしたが、友人と楽しくおしゃべりしながらいろいろな種類のビールを飲むのは楽しいですね!

その他地域でのビール祭り

デュッセルドルフでの開催は3日間のみでしたが、ホームページをチェックするとこれから9月上旬まで毎週末、他の地域でもビール祭りが開催されるようです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

これだけの数のビール(しかも生!)を気軽に飲み比べできるイベントは珍しくおすすめです!
ぜひご家族、友人と足を運んでみてください。

ドイツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント