デュッセルドルフのおすすめ中華レストランまとめ(激辛好きにも)

ドイツ

海外旅行をしているとどうしても食べたくなるのが食べ慣れ親しんだ和食。
でも一部の地域を除いて、海外では日本人が本当に美味しいと思える和食に出会えることは稀です。

また、 ヨーロッパで3番目に大きな日本人コミュニティのあるデュッセルドルフではありがたいことに本当に美味しい和食を楽しむことができますが、日本と比較すると、ドイツの物価のせいもあり、日常的に和食を食べるのは現実的ではありません

そんな時にどうやってこのピンチを乗り越えるのか。。
そんな時の大きな助けになるのが、日本でも食べ慣れ親しんでいる中華料理です。

これまでに20数か国を旅してきたカピパラの経験からすると、和食がなくても中華料理はほとんどの街で見かけることができます。

それはこのデッセルドルフも例外ではなく、市街地を中心に多様な中華料理を楽しめます。

この記事ではデュッセルドルフ在住のカピバラが個人的におすすめしたい中華料理レストランをご紹介します
辛いもの好きなのでちょっと四川料理に偏りがちですが、ご参考になれば幸いです。

小ネタ:デュッセルドルフにおける中国人の人口と中華レストラン数

本題に入る前に小ネタをちょっと。

日本にいた頃はあまりわかりませんでしたが、ドイツと中国は経済的にとても近しい関係にあり、デュッセルドルフ市は重慶市パートナー関係です
また、 デュッセルドルフ市内には スマートフォンで有名なファーウェイなどの大企業も拠点を置いていることから、日本人ほどの大きなコミュニティは形成していないものの、約3,000人の中国人がデュッセルドルフ市内に居住しており、中華レストランの数は約150店舗もあります。
(和食レストランは、いわゆる「なんちゃって」も含めて約60店舗。)

中華レストランの数は多く、それゆえデュッセルドルフ市内の中華レストランのレベルは全体的に高いと思います。

第5位:Tang Wang

こちらのレストランは、味、価格、営業時間、立地のバランスが良くおすすめです。
また、店内には30名ほどが入れる個室の大部屋と、10名ほど向けの個室の中部屋もあるのでちょっとした宴会などにもおすすめ。

第4位:Lin

こちらのレストランはランチでおすすめです。
ランチメニューはどれも約8ユーロほどで、メインの料理は一人分なので一皿が小さめですが、ご飯のおかわりができたりお茶が付いたりとコスパよし!

第3位:Hai Xian

こちらのレストランは、火鍋がおすすめです。
席数も多く店内も広いので、だいたい予約なしで入れます。
ドイツニュースダイジェストのクーポン券を使うと ビール一杯が無料になりますので、ご利用の場合は注文前に店員さんに伝えください。

第2位:Chuan Wei Chuan

こちらのレストランは、水煮魚(Gekochter Fisch in Chiliöl)がおすすめです。
美味しく値段もお手頃(15.80ユーロ)。

第1位:DongWu

心から自信を持っておすすめしたいレストランはこちら!

おすすめすぎるので写真も加えてその魅力について語ります。

絶対食べてほしいのがこの麻婆豆腐
わざわざ中国本土の重慶から取り寄せた2種類の唐辛子を使用しているこだわりぶりです。
豆腐は中国的な少し酸味のあるのある豆腐ですが、その酸味がこだわりの唐辛子の辛味と見事にマッチしています。
もちろん辛さだけではなく、花椒の痺れもしっかりと味わうことができ、また辛さも注文時に調節できるので、辛さを調節することで何度でもその旨辛さを楽しむことができます。

次におすすめしたいのが、カピバラ妻もおすすめのこの麺料理「Chongqing Nudels」。
こだわりのスープはしょう油、ごま油、自家製唐辛子油など15種類の調味料が使用されており、唐辛子の旨辛さがふんだんに味わえます
麺にもこだわっていて、細麺、中太麺、太麺の3種類があり、この麺料理にはモチモチの中太麺が使われています。

辛さはメニューにイラストで示されているので、感覚的に分かりやすい。
個人的には、かなり辛いもの好きですが、中辛(Mittel Scharf)がおすすめです。

2019年10月19日に初めて大辛?(Extra Scharf)に挑戦しました!

上が中辛で、下が大辛です。

肝心のお味のほうは…見た目どおり激辛ですが、やっぱり旨味が素晴らしい!

店員さんに「大丈夫?」と心配されながらも完食しました。
クセになりそう。。

サイドメニューとしてはおすすめなのが、この豆腐サラダ(Tofu Salat)。
中国的な豆腐をスライスしてきゅうりが加えられ、ごま油、お酢、しょう油と合わせてあり、さっぱりとした味付けが辛い料理にぴったりです。

ポイントカードもあり、20ポイントでメイン料理一品が無料になります。
これは地味にうれしい!

味、値段、接客、店内のインテリア、どれも文句のつけようがありませんが、一つだけ残念なのかこのお店はいわゆるインビス(軽食堂)であり、店内に客用のトイレがありません

このお店に来る際には事前にトイレに行ってから来るか、もしどうしてもトイレに行きたくなった場合は、近くの公園(Hofgarten)の公衆トイレ(1回30セント)を使用されることをおすすめします。

番外編:Dschunke

使い勝手の良さといえばこのレストランもおすすめです。
中央駅にも近く、夜は11時まで営業しているので便利です。
店員のおじさんは少し日本語が喋れるので、胃だけでなく気持ちもちょっとほっとしますね~

まとめ

☆ DongWu旨辛の正統派。本場のこだわりと気持ちの良いサービス。
☆ Chuan Wei Chuan水煮魚がおすすめ。
☆ Hai Xian火鍋を食べたいならここ。
☆ Linランチのコスパよし。角煮が美味しい。
☆ Tang Wang大人数におすすめ。
☆ Dschunke遅かったらここへ。

デュッセルドルフには美味しい和食レストランがたくさんありますが、それと同じくらい日本人好みの中華レストランもたくさんありますので、ぜひぜひ足を運んでみてください。

ドイツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント