サンマルコ広場の鐘楼から眺めるベネチアの街

MSC地中海クルーズ

ベネチアのシンボル

ベネチアの中でも特に有名な観光地、サンマルコ広場にそびえ立つ鐘楼。
高さは98.6メートルあり、歴史としては1514年に現在の形で完成しましたが一度崩壊しており、現在のものは1912年に再建されたものです。

鐘楼(サンマルコ広場)(Wikipedia)

写真は夕方に撮影したもの。青空、白いサンマルコ広場、影のコントラストに赤い煉瓦が目をひきます。
たくさんの観光客がそれぞれ思い思いの時間を過ごします。

鐘楼の上、鐘室で夕日を眺めたかったのですが、入口に並ぶ人の数がすごかったので諦め、翌日早朝に再チャレンジすることにしました。

エレベーターで楽々鐘室へ。早朝は混まずに快適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鐘楼の地上入口前の看板。
8:30開館20:45閉館で、料金は一人8ユーロです。

チケット売り場の様子。
英語
で対応してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入したチケット。
朝9時すぎに購入しましたがなぜか時間は午前8時。。
このチケットをゲートでスキャンして入場します。
鐘室まではエレベーターですぐです。

あっという間に鐘室へ。
早朝のためか人はそれほど多くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ真上に鐘があります。大きい。
私たちが滞在した時間帯には鳴りませんでしたが、時刻によってはこの鐘が鳴り響くようです。

鐘室から眺めるサンマルコ広場!
前日の夕方はあれだけ人がいたのにまだまだ人出は少ない。
広場に整然と並べられたレストランの白い椅子たちも映えます。
赤い煉瓦の屋根が綺麗ですね。
写真右奥に見えるのがイタリア本土です。

サンマルコ広場の南側。
左手前に見える建物はドゥカーレ宮殿で、写真奥に見えるのがサン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂です。

サンマルコ広場の東側。
手前がベネチアで最も有名な大聖堂、サンマルコ寺院です。
やはり存在感が違いますね。

サンマルコ広場の北東側。
右手前がサンマルコ寺院。
写真奥のほうに見えるのがベネチアの伝統工芸品として有名なベネチアングラス(ムラーノグラス)の職人たちが集まるムラーノ島です。

ベネチアングラスについてはこちらの記事をどうぞ。

ベネチアの伝統工芸品 ムラーノグラス/ベネチアングラス(MSC地中海クルーズ)
サンマルコ広場から街路へ。街を歩くと視線が惹きつけられるカラフルなガラスたち サンマルコ時計塔をくぐり街路に入ると、両...

早朝の鐘楼は観光客も少なく、ゆっくりとベネチアの美しい景色を楽しむことができました。
ベネチアを訪れる際は、ちょっとだけ早起きをして、気持ちのいい海風を感じながらちょっと違った角度からベネチアの街を眺めてみてはいかがでしょうか。

コメント