【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!1年間試してみた結果

完全無欠コーヒー

昨年の6月下旬に完全無欠コーヒーを始めてから1年間継続してきたので、この記事では記録データとカピバラが実際に感じている効果についてご紹介します。

この記事を読んで完全無欠コーヒーの魅力を知ってもらえると嬉しいです!

これまでの記録はこちら

【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!1カ月試してみた結果
アメリカ・シリコンバレー発で話題になった「完全無欠コーヒー」を試してみました。 長年気になっていた午前中の集中力不足・生産性の低さを解決すべく始めましたが、嬉しいことに体重・体脂肪率にも変化が表れ始めました。 同じようなお悩みを...
【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!3カ月試してみた結果
三日坊主癖を自覚しているカピバラですが、何気に3カ月以上続けています。 ※旅行先や出張先では、ブラックコーヒーにバター(有塩、あれば無塩)を入れたバターコーヒーで代用しています。 なぜ続けられるかというと、やはりその効果をしっかりと実感...
【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!6カ月試してみた結果
昨年7月に始めた完全無欠コーヒー、早いもので6カ月以上続けています。 なぜ続けられるかというと、やはりその効果をしっかりと実感しているから! 6カ月を経過しての体重変化やその効果をお伝えします。 これまでの結果についてはこちらの記...
【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!10カ月試してみた結果
早いもので完全無欠コーヒーを飲み始めてからもう10カ月です。 まずは体重の変化から。 ...

月間データ比較(5月~7月)

まずは前回の記事更新から現在までの体重(月間平均)の変化から。

5月 75.3kg
6月 75.4kg
7月 76.4kg

前回5月を基準にすると1.0kg増加です。

続いて前回の記事更新から現在までの体脂肪率(月間平均)の変化。

5月 12.7%
6月 13.0%
7月 13.1%

前回5月を基準にすると0.4%増加です。

年間データ比較(2018年7月~2019年7月)

次にこの1年間の体重(平均)の推移です。

2018年 76.3kg
2019年 74.8kg

2018年を基準にすると1.5kgの減少です。

続いてこの1年間の体脂肪率(平均)の推移です。

2018年 13.2%
2019年 12.4%

2018年を基準にすると0.8%の減少です。

1年前との詳細データ比較

最後に、体重、体脂肪率だけでなく、BMIや骨格筋などの数値を1年前の今日と比較します。

項目2018年7月13日2019年7月13日増減各項目の説明
体重78.0kg76.1kg-1.9kg
体脂肪率14.2%13.1%-1.1%体内に含まれる脂肪量が体重に占める割合
BMI23.322.7-0.6体の大きさを表す国際基準の一つ
骨格筋45.5%46.1%+0.6%人間の力及び動きを生み出す横紋筋組織の一形態
内臓脂肪43-1腹腔内の内臓の周りにつく脂肪
基礎代謝量1,8161,798-18生命活動を維持するために常に使われるエネルギー量
タンパク質16.9%17.1%+0.2%筋肉、皮膚や骨などを作っているだけでなくエネルギー源にもなる
骨量4.5%4.6%+0.1%骨全体に含まれるミネラルの量
体水分率62.3%63.1%+0.8%体重に占める体水分量の割合

体重では1.9kgの減少体脂肪率では1.1%の減少です。

完全無欠コーヒーを1年間継続して感じていること

次のとおり3つを挙げていますが、実は完全無欠コーヒーを始めて1カ月後に感じたことが今も効果メリットとして感じられています!

①午前中の集中力がアップ!

最も顕著に効果を感じているのはこれです!

午前中に仕事に集中して取り組めるようになったので、仕事の効率も上がりました

②朝の準備が簡単!

1年間継続したことで朝からコーヒー豆を挽くのがすっかり習慣化し、完全無欠コーヒーづくりもスピードアップ

スピードアップして空いた出勤までの時間で、ツイッターなど新しいことに取り組むようになりました。

③減量中でも昼食、夕食が楽しめる!

この1年間、旅行先での美味しいご飯仕事関係でのランチ・懇親会など様々な食事を楽しんできました。

懇親会からの二次会は海外でも日本人同士ならよくありますが、そんな時も翌朝が完全無欠コーヒーなら前日の食べ過ぎをリセットすることができていると感じています。
(もちろん暴飲暴食ではダメです。)

完全無欠コーヒー関連グッズ

MCTオイル

完全無欠コーヒー必要不可欠なのがこのMCTオイル
このメーカーのものが有名です。

電動コーヒーミル

コーヒーの酸化を防ぐために、コーヒー豆はその都度挽いて使用されることをおすすめします。
このひと手間で美味しさは段違いです。
想像以上にコーヒー豆を挽くのは手間がかかるので、電動がおすすめです。

ブレンダー

コーヒーMCTオイルバターをしっかり混ぜることが大切なので、ブレンダーも必要不可欠です。
専用ブレンドカップがあるとコーヒーがこぼれる心配もなくて便利。

ステンレスフィルター

ステンレスフィルターなら洗って繰り返し使えるので経済的ですし、紙のフィルターとは違いコーヒーのを摂取することができるので、より美味しくコーヒーを味わうことができます。

まとめ

初めは半信半疑で取り組んだ完全無欠コーヒーですがこの1年間で体重体脂肪率を減らすだけでなく、集中力アップ体調管理といった様々な効果・メリットを感じることができました。

また、このような効果・メリットだけではなく、「毎日3食しっかり食べなくてはならない」という常識についても考え直すよい機会となりました

今後も完全無欠コーヒーを継続し、心と体の変化に注目していきたいと思います。

完全無欠コーヒー 発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント