【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!3カ月試してみた結果

完全無欠コーヒー

三日坊主癖を自覚しているカピバラですが、何気に3カ月以上続けています。
※旅行先や出張先では、ブラックコーヒーにバター(有塩、あれば無塩)を入れたバターコーヒーで代用しています。
なぜ続けられるかというと、やはりその効果をしっかりと実感しているから!
3カ月を経過しての体重変化やその効果をお伝えします。

3カ月試してみた結果

1か月続けた時点で、北川さんの本に書いてあるとおり頭がクリアになった感覚を実感して、しかも体重・体脂肪率が減少しました。

【完全無欠コーヒー】体重と体脂肪率に変化アリ!1カ月試してみた結果
アメリカ・シリコンバレー発で話題になった「完全無欠コーヒー」を試してみました。 長年気になっていた午前中の集中力不足・生産性の低さを解決すべく始めましたが、嬉しいことに体重・体脂肪率にも変化が表れ始めました。 同じようなお悩みを...

3カ月続けてみて、頭がクリアになった感覚は変わらず、そして、順調に体重・体脂肪率が減少しています。
※体重減少については、7月上旬から10月上旬までの約3カ月の結果です(記録は寝起きにトイレに行った後すぐ計測しています)。

平均体重:77.8kg→76.0kg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平均体脂肪率:13.9%→13.1%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3カ月で、平均体重で1.8kg平均体脂肪率で0.8%減少しました!

「えっ、たったそれだけ?」と思われる方もいるかもしれません。
でもこの数値は、定期的な運動をしたわけではなく昼・夜は普通に食事をして、しかも会社のお付き合いの飲み会にも参加している中でのものです。
何より自分自身で「体が軽くなった」と実感しています。

完全無欠コーヒーを3カ月以上続けて感じたこと

①午前中の集中力がアップ!
②朝の準備が簡単!
③減量中でも昼食、夕食が楽しめる!

1カ月時点の記事でも記載していますが、この3点は3カ月経過した今でも多いに感じる完全無欠コーヒーのメリットです。
この他に最近自覚していることは、④夜の寝付きがよくなった!
午前中に集中して仕事に取り組み、その勢いで終業まで仕事をすると、さすがに夜にはヘトヘトになります。
帰宅して、夕食を食べて、お風呂(シャワー)に入って布団に入って目をつぶると、(ちょっと極端ですが)5分で就寝です。
就寝が早い日には22時代に眠り翌朝は6時代に起きるので、上記①に繋がる非常に良いサイクルができてきています。

ギーを試してみた感想

通常、バターにはグラスフェッドバターを使用していますが、完全無欠コーヒー発案者の著書でグラスフェッドバター同様に薦められている(インドを中心とした南アジアで古くから作られ、食用に用いるバターオイルの一種)も試してみました。
これは個人の好みの問題もありますが、個人的にはギーの風味があまり得意でないこと、グラスフェッドバターと比較して価格が高いこと、そしてギーを使用した場合のほうが早く空腹を感じてしまうことから、ギーよりもグラスフェッドバターの使用をおすすめします。

今後も完全無欠コーヒーを継続していくつもりです。
また変化があれば記事にしたいと思います。

完全無欠コーヒー 発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント