【ドイツ】メルカリのように古着等を売れるドイツのサイト

海外生活

日本では、こういった服はメルカリで売れますよね。

・まだ着られるけれど、もう自分に似合わないかも…

・まだ着られるけれど、ちょっとタイプが変わってきた

ドイツでは、そんな服をメルカリのような古着販売サイトで売ったり、寄付したりすることができます。

今回は、それぞれのサイトについて簡単にご紹介します。

まだ着られるけれど、自分では着ない服

 

Kleiderkreisel(クライダークライゼル)

こちらのサイトは、服や靴、アクセサリーが専門。

メルカリのように、値段交渉が可能です。

メルカリと同じように、売りたいものの写真を撮って、買取希望者から質問があればそれに応じるシステムです。

床の上やハンガーにかかった写真が多いメルカリに比べて、

このサイトに出品されているものの写真は、出品者自らがモデルとなっていること。

日本とドイツの違いがでています:)

remix(レミックス)

ブランド品や高価なものを売りたい時には、こちらのサイトがいいかもしれません。

というのも、10ユーロ程度以下と見積額が低額だと、80%と手数料がとても高いので…

このサイトとメルカリとの大きな違いは、直接買い手に売るスタイルではなく、まずは売り手がremix社に送り、そこで下取りしてもらうところです。

そして、このサイトで購入した場合、14日以内であれば返品することもできます。

売りたいけれど送付用の袋がない場合には、サイトから↓のような袋を注文して、この中に品物をいれてremix社に送ることもできます。

eBay(イーベイ)

言わずと知れた有名サイトといえば、『イーベイ』。

古着や靴だけではなく、家電や食品まで幅広く取り扱われています。

クリスマスの時期が近くなると、1970年代からのアドベントカレンダー仕様の食器や絵画などコレクター向けのものまで取り揃えられ、他のサイトに比べて圧倒的な品揃えを誇っています。

着られる服や靴を、寄付する

売るのではなく、服や靴を寄付することができます。

そして、その方法はとても簡単。

寄付したいものと、それらを入れる袋さえあればOKです。

Altkleidercontainer(アルトクライダーコンテイナー)

街を歩いていると、時々目にするこのボックス。

住宅街に位置していることが多いこのボックスは、古着や靴の回収ボックスです。

決してごみ箱と間違わないようにお気を付けください…!

ここに、自分が寄付したい古着や靴を袋に入れて、ボックスに入れるだけ。

ただそれだけで完了です。

 

海外生活 発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カピニオン

コメント