ブラチスラバ1泊2日旅行におすすめの市内観光スポット

スロバキア

2018年12月、中欧スロバキアの首都ブラチスラバ(※、Blatislava)を訪れました。
※「ブラチスラヴァ」とも表記

オーストリア・ウィーンからハンガリー・ブタペストへ向かう途中に1泊2日で滞在。
1泊2日の限られた時間の中でもブラチスラバの魅力を堪能できるおすすめの市内観光スポットをご紹介します。

こちらの記事もおすすめです。

中欧で食べる激うまラーメン「Kazu」(ブラチスラバ)
2018年12月に訪れた中欧スロバキアの首都ブラチスラバで食べた日本人経営の本格的ラーメンについて。 お店の雰囲気、メニュー、現地メディア等の反応をご紹介します。 こちらの記事もおすすめです。 ブラチスラバの中心で食べられ...

アクセス

ブラチスラバ中央駅(Bratislava hl.st.) 構内

ウィーンからブラチスラバまでの距離は直線距離にして約55キロと近く、鉄道バスでのアクセスが可能です。

オーストリア鉄道が運行するREXという急行列車ウィーン中央駅から1時間おき運行していて、約1時間、10.80ユーロ(2019年8月時点)と便利なためこちらがおすすめです。

ただし、ここはヨーロッパ
公共交通機関の遅れ・キャンセルは日常茶飯事なので、こまめに列車の運行情報を確認されることをおすすめします。
実際にカピバラたちの乗る予定だった急行列車はウィーン中央駅からの発車がなぜかキャンセルになり、慌てて駅員さんに確認したところ少し先の停車駅から乗車するよう言われたので急いで公共交通機関を乗り継いで向かいましたが間一髪で間に合わず
目の前を通過していく電車を見るのはつらい。。
余裕をもったスケジュールを心がけましょう。

ブラチスラバ中央駅

ブラチスラバ中央駅 外観

一国の首都の中央駅としてはかなり小さめ。
一昔前の高速道路サービスエリアみたいな雰囲気が個人的に大好きです、

中央駅構内にはちょっとした売店があります。

中央駅構内の案内看板には手荷物一時預かり所(Left-luggage office)軽食堂(Buffet)トイレ(WC)の表示がありました。

中央駅構内のコインロッカー

Automatic Left-Luggage Office」の表記があるので、これがさっきの案内看板が指していたものかもしれません。

ブラチスラバ城

ブラチスラバ城

まず何よりもおすすめしたいのはブラチスラバのシンボル「ブラチスラバ城」!

中央駅からは約2.5km、徒歩であれば30分ほど、旧市街中心部からは約1.5km、徒歩であれば20分ほどの丘の上にあります。

ブラチスラバ城の案内看板

敷地内はこんな様子。
赤い四角がお城です。

ブラチスラバ城正面

城内は国立歴史博物館になっています。

ブラチスラバ城からの景色

高い建物がないので遠くまで見渡せます!

旧市街からブラチスラバ城までは十分歩いていける距離ですが、トラムでもアクセスが可能です。
203207N47のいずれかに乗車してZámocká駅が最寄です。

ブラチスラバ城公式ホームページ(スロバキア語)
Kontakty
Rekonštrukcia národnej kultúrnej pamiatky
営業時間:ブラチスラバ城公式ホームページ(スロバキア語)
1月、2月、11月、12月 9:00~16:00
3月、10月 9:00~17:00
4月、9月 9:00~19:00
5月 9:00~20:00
6月、7月、8月 9:00~21:00

旧市街

古い街並みを残す旧市街をのんびり歩いてみるのもおすすめです。

ブラチスラバ中央駅からは約1.6km、徒歩で20分ほどのところ。

Man at work

マンホールから上半身を出した何とも特徴的な彫刻
撮影スポットになっていて、よく行列ができています。

ミハエル門

こちらもブラチスラバを象徴する観光スポット「ミハエル門

14世紀中頃ゴシック様式で建てられた屋根の部分は1753年と1758年に現在見られるバロック様式のものに建てかえられました。
塔の先端部分には大天使ミハエルの像があります。

中は武器博物館になっており、大砲のレプリカなどが展示されています。

クリスマス・マーケット

冬に訪れる場合は旧市街内の広場で開催される「クリスマス・マーケット」がおすすめです。
2018年は11月23日~12月22日に開催されました。
カピバラたちが旅行した時は残念ながらクリスマス・マーケットが終わった後でしたが、写真のとおりクリスマスツリーを見ることができました。

広場の様子

クリスマス・マーケット開催中と比べるとすこし寂しい感じもしますが、売店などもありました。

旧市街を彩るイルミネーション

聖マルティン大聖堂

1452年に以前のロマネスク様式の教会があった場所に建てられたゴシック様式の教会

旧市街の西側にあります。

青の教会(聖アルジュベタ教会)

旧市街から少し外れたところにあるカトリック教会。
その名のとおり青い外装が特徴的です。
開放時間が限られているため、中に入りたい場合は時間を要確認。

開放時間:
月~土 7:00~7:30 / 17:30~19:00
日   7:30~12:00 / 17:30~19:00

教会内部

外装だけでなく内部も青い装飾。

ドナウ河畔

旧市街からすぐ南側にはドナウ川が流れています。

ドナウ川を眺めながらゆっくり散歩するのもおすすめ。

おすすめスロバキア料理店

Dolnozemská krčma 店内の様子

伝統的なスロバキア料理を手頃に食べたいならこのお店がおすすめ!

旧市街のPanska通りにある14世紀に建てられた建物の中に店をかまえる人気レストラン
スタッフはフレンドリーな方ばかりでした。

スロバキアの伝統料理「ブリンゾベー・ハルシュキ

ジャガイモをすりつぶし小さく丸めてパスタのように茹でたニョッキ(ハルシュキ)に、新鮮な羊のミルクで作った暖かいさらさらの生チーズ(ブリンザ)を絡め、そこにカリカリに焼いたベーコンを砕いてふりかけた料理。

個人的には好きな味でしたが、これは好みが分かれそう。。
在スロバキア大使館がその魅力について熱く語っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

スロバキア料理は美味しいんですが、もし「日本食が食べたいっ!」という場合はすぐ近くのこちらのラーメン店がおすすめです!

中欧で食べる激うまラーメン「Kazu」(ブラチスラバ)
2018年12月に訪れた中欧スロバキアの首都ブラチスラバで食べた日本人経営の本格的ラーメンについて。 お店の雰囲気、メニュー、現地メディア等の反応をご紹介します。 こちらの記事もおすすめです。 ブラチスラバの中心で食べられ...

おすすめホテル

Radisson Blu Carlton Hotel, Bratislava

冬にはクリスマス・マーケットが開催されるHviezdoslav広場にある4つ星世界チェーンホテル。

ご紹介した各観光スポットへのアクセスに便利な立地ですが、なんとこのレベルのホテルに69.30ユーロ(スタンダードルーム、朝食なし)で泊まることができました!

部屋は29㎡と十分な広さで、旅の疲れをしっかりと癒すことができました。

まとめ

初めてのスロバキア・ブラチスラバ訪問でしたが、街はコンパクトのんびりとしていて、人は優しいし、物価は安いし、治安の悪い印象もなくとても快適な滞在でした。

ぜひまた訪れたい都市です。

街がコンパクトなのでウィーンから日帰りでの観光も十分に可能ですが、物価のおかげで滞在費も安く抑えられるので、ぜひ宿泊してブラチスラバの1日を満喫されることをおすすめします。

スロバキア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Capybaraをフォローする
カピニオン

コメント